ことさら−古都プログラマーの更級日記

京都でお寺を回りながら御朱印集めをしていたり、LoLをしたり試合を見に行ったりしているエンジニアのブログです。技術的なはなしとか日常的なはなし、カメラやLoLや競馬の話も書きます。右メニューに検索やらカテゴリーやらがあるので、見たい記事だけ見てね!

brew upgrade したら Emacs がターミナル上じゃなくてGUIで起動するようになったのでターミナルで起動するように戻したい

いきさつ

brew upgrade したら Emacs のバージョンが25になり、ターミナル上ではなくGUIで起動するようになった。GUIで起動しても大きな不便はないだろうと思っていたのだが、以下の問題があった。

  • Google日本語入力IMEが働かない(日本語が入力できない)
  • git commit でエディタにemacsを指定した場合、コミットメッセージを入力して C-x C-c 下あとにウィンドウのフォーカスがターミナルに戻ってこない

これらの問題を解決しようと、 .zshrc などに alias emacs="emacs -nw" などと指定していた。 -nwGUIではなくCUIemacsを起動するオプションである。

ただし、これを指定してもgitのeditor設定には効果がなく、GUIで起動してしまう。いろいろ調べてみると、CUIだけで起動するemacsを入れ直すのはそこまで難しくないため、こちらの方法で対処する。

CUIだけで起動するemacsをインストールする方法

GUIで起動するemacsは、 brew install --with-cocoa のようなコマンドでインストールされているということがわかったため、一旦emacsをアンインストールして、 --with-cocoa なしでインストールし直せばCUIだけで起動するようになる。

$ brew uninstall emacs
$ which emacs
emacs not found

$ brew install emacs

これだけである。 which emacs した時にまだemacsコマンドが残っている場合はそれも消しておいたほうが無難だ。