ことさら−古都プログラマーの更級日記

京都でお寺を回りながら御朱印集めをしていたり、LoLをしたり試合を見に行ったりしているエンジニアのブログです。技術的なはなしとか日常的なはなし、カメラやLoLや競馬の話も書きます。右メニューに検索やらカテゴリーやらがあるので、見たい記事だけ見てね!

競馬における『キレ負け』とは何なのか

f:id:yoshiki_utakata:20171231233429p:plain

2017年有馬記念ヤマカツエースはキレ負けかな?という話

2017年有馬記念、僕はこのような予想をしていた。レースはキタサンブラックが先行し、2番手にヤマカツエースとシャケトラがつけて、ペースはスローペースとなった。スローペースとなったら前残り、つまりポジションが前の馬が残ることが多いため、ヤマカツエース、シャケトラには有利な展開かと思ったが、結局どちらも馬券圏内には入ってこなかった。

この後友人と「なんで来なかったんだろう」という話をしていたら、友人は「キレ負けじゃないの」と言っていた。そこで、「なるほどキレ負けとはこういうことなのか」と納得したのでまとめておく。

『キレ負け』とは『キレ』で『負ける』こと

キレ負けとはキレで負けることである。*1

『キレ』とは

『キレ』とは簡単に言うと「最高速」のことである。つまり、『キレ負け』とは「最高速で負ける」ことである。

馬には様々なタイプがある

馬にも様々なタイプがあり、馬のタイプによって道中や直線の立ち回りも変わる。

  • 最高速が早い馬
  • スタミナが高い馬
  • 馬群をぬって走るのが得意な馬

最後の直線は単純なスピード勝負なので、最高速が早い馬の方が有利である。最高速が遅い馬は、最高速が早い馬よりも前のポジションで直線に入らなければ、直線で差されてしまう。

キレ負けが起きる状況

馬Aと馬Bがいた時に、馬Aも馬Bが十分最高速を出せるスタミナを持った状態で、最後の直線に入り、馬Aが馬Bに差された場合、馬Aはキレ負けしたという。

キレ負けではない状況

馬Aと馬Bがいた時に、馬Aのスタミナがなかったがために馬Bが差し切った場合、単に馬Aのスタミナが足りなかっただけなため、キレ負けとは言わない。この場合は力負けなどと言う。

なぜ2017年有馬記念ヤマカツエースがキレ負けなのか

2017年有馬記念キタサンブラックが引っ張るペースとなり、1000m61秒のスローペースになった。スローペースになると馬がスタミナを残した状態で直線に入るので、キレ勝負となる(「瞬発力勝負」、と言ったりする)。この状態で、ヤマカツエースクイーンズリングに差された。

ヤマカツエースクイーンズリングに力負けしたとはなかなか考えられないため(ヤマカツエースは去年の有馬記念4着など、実力が不足していたとは思えないし、1枠1番から常に内を回せたので消耗したとも考えづらい)、ヤマカツエースクイーンズリングにキレ負けしたと言える。要するにクイーンズリングのキレが優れているということだ。

まとめ

キレ負けとは、直線での最高速勝負で負けることである。

*1:決して将棋で時間切れで負けるわけではない