ことさら−古都プログラマーの更級日記

京都でお寺を回りながら御朱印集めをしていたり、LoLをしたり試合を見に行ったりしているエンジニアのブログです。技術的なはなしとか日常的なはなし、カメラやLoLや競馬の話も書きます。右メニューに検索やらカテゴリーやらがあるので、見たい記事だけ見てね!

Linux(Cent OS / Scientufic Linux)のメモリ容量・CPUコア数・ディスク容量を調べる

もくじ

f:id:yoshiki_utakata:20180308114546j:plain

これはなに?

Lサーバー増設する時とかに、「今動いているサーバーのスペックどんなんかなー」って調べることがあるので、

LinuxCentOS, Scientific Linux, 等いわゆるRedhat系のOS)の

  • メモリ容量
  • CUPコア数
  • ディスク容量

を調べるコマンドまとめです。

メモリ容量

free コマンドを使います。freeコマンドの使い方は以下の通りです。

usage: free [-b|-k|-m|-g|-h] [-l] [-o] [-t] [-s delay] [-c count] [-V]
  -b,-k,-m,-g show output in bytes, KB, MB, or GB
  -h human readable output (automatic unit scaling)
  -l show detailed low and high memory statistics
  -o use old format (no -/+buffers/cache line)
  -t display total for RAM + swap
  -s update every [delay] seconds
  -c update [count] times
  -a show available memory if exported by kernel (>80 characters per line)
  -V display version information and exit

-h オプションを付けるといいでしょう。((-h human readable output (automatic unit scaling) つまり、いい感じに見やすく結果を出力してくれるとのこと))

$ free -h
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:          1.8G       593M       1.3G       124K       159M       223M
-/+ buffers/cache:       210M       1.6G
Swap:         1.0G        98M       925M

Mem:totalをみたら良い。このサーバーのメモリは2GBくらいですね。

ちなみに -h を付けないとこんな感じ。

$ free
             total       used       free     shared    buffers     cached
Mem:       1922260     607312    1314948        124     163364     228900
-/+ buffers/cache:     215048    1707212
Swap:      1048572     101132     947440

ちょっとわかりづらいですね。

CPUコア数

/proc/cpuinfo ファイルを見るとわかります。

$ cat /proc/cpuinfo
processor   : 0
vendor_id   : GenuineIntel
cpu family  : 6
model       : 44
model name  : Intel(R) Xeon(R) CPU           L5640  @ 2.27GHz
stepping    : 2
microcode   : 26
cpu MHz     : 2266.747
cache size  : 12288 KB
physical id : 0
siblings    : 1
core id     : 0
cpu cores   : 1
apicid      : 0
initial apicid  : 0
fpu     : yes
fpu_exception   : yes
cpuid level : 11
wp      : yes
flags       : fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx rdtscp lm constant_tsc up arch_perfmon pebs bts xtopology tsc_reliable nonstop_tsc aperfmperf unfair_spinlock pni ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 x2apic popcnt tsc_deadline_timer hypervisor lahf_lm arat epb dts
bogomips    : 4533.49
clflush size    : 64
cache_alignment : 64
address sizes   : 42 bits physical, 48 bits virtual
power management:

長くてわかりづらいですがなんとなく分かるでしょう。

processor: 0 これはプロセッサのIDで、物理的にCPUが増えると processor: 1, processor: 2 が増えていきます。今回はCPUは1つしか無いので(通常1つしか無いと思いますが)、processor: 0 しかありません。それに続いているのが、そのプロセッサの詳細です。

cpu MHz などの情報が並んでいますが cpu core: 1 これがCPUのコア数です。このCPUのコアは1つのようです。

ディスク容量

おなじみ df コマンドを使います。これもfreeコマンドと同様-hコマンドを付けるといい感じに表示してくれるので付けると良いでしょう。

$ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda3        19G  2.0G   16G  12% /
tmpfs           939M     0  939M   0% /dev/shm
/dev/sda1       240M   40M  188M  18% /boot

このサーバーは大体20Gくらいディスクを積んでいるようです。

単にdfだけだと

$ df
Filesystem     1K-blocks    Used Available Use% Mounted on
/dev/sda3       19220172 2033340  16203844  12% /
tmpfs             961128       0    961128   0% /dev/shm
/dev/sda1         245679   40865    191707  18% /boot

みづらいですね

余談: OSのバージョンを調べる方法

$ cat /etc/issue
Scientific Linux release 6.7 (Carbon)

今回のコマンドはこの環境で試したものですが、Cent OS でも同じ課と思います。

参考

[試して理解]Linuxのしくみ ~実験と図解で学ぶOSとハードウェアの基礎知識

[試して理解]Linuxのしくみ ~実験と図解で学ぶOSとハードウェアの基礎知識