ことさら−古都プログラマーの更級日記

京都でお寺を回りながら御朱印集めをしていたり、LoLをしたり試合を見に行ったりしているエンジニアのブログです。技術的なはなしとか日常的なはなし、カメラやLoLや競馬の話も書きます。右メニューに検索やらカテゴリーやらがあるので、見たい記事だけ見てね!

TrelloのAPIを叩く - Tokenを取得してAPIを叩いてみる

もくじ

はじめに

タスク管理アプリとかタスク管理botを作りたいことがありますが、いちいちDBとか作るのは面倒です。そこでTrelloのAPIを使ったらDB作らなくていいし、いざとなったらすでにWebのUIは用意されているので便利なんじゃない?ってことで使ってみます。

Trello API の日本語ドキュメントみたいなのってあんまない気がするのでメモもかねて今回はTokenを取得して実際にAPIを叩いてみるところまでやってみます。

Trello API のドキュメント

このへんです

こういう感じの見た目。

f:id:yoshiki_utakata:20180725092758p:plain

API Keyの取得

You'll need two things before you and your application can make a call on behalf of a user to the Trello API. The first thing you'll need is your API key.

まずはAPI Keyが必要とのことで、

You can get your API key by logging into Trello and visiting https://trello.com/app-key.

ログインした状態で https://trello.com/app-key にアクセスしろとあるのでアクセスします。

スクショとるの忘れましたがなんかボタンを押せばKeyが出てくるかと思います。

Tokenの取得

実際にAPIを叩くにはKey以外にTokenが必要になります。

app-keyのページにこうあります。

Most developers will need to ask each user to authorize your application. If you are looking to build an application for yourself, or are doing local testing, you can manually generate a Token.

つまり、自分しか使わないアプリだったらこっからToken生成できるとってことです。今回は自分品使わないアプリなのでここから「Token」をクリックしてTokenを生成します。

f:id:yoshiki_utakata:20180725093428p:plain

注意書きを読みつつ Allow をクリックします。

と、次のページでこう表示されます。

You have granted access to your Trello information. To complete the process, please give this token:

Tokenが表示されているのでメモっておきます。

APIを叩いてみる

これで、 https://trello.readme.io/docs/api-introduction の You'll need two things before ... の部分は終わりました。早速適当に叩いてみます。

curl "https://api.trello.com/1/members/me/boards?key={yourKey}&token={yourToken}"

なんかめちゃめちゃいろいろ返ってきます。ブラウザでも見られます。