WebエンジニアのLoL日記

LoLをプレイしたりLJLの試合を見たりするのが好きなエンジニア。LoLのイベントやパッチノートなど気になった点を記事にしたり、LJLについの記事をかいたりしています。某社でWeb系のエンジニアとして働いているので、技術系の記事もたまに書きます。コンタクトを取りたい場合はtwitterまで。

LoLパートナーのシリカゲルさんが動画投稿の終了を宣言して悲しいという話。LoLパートナーについて考えること。

f:id:yoshiki_utakata:20181118010228p:plain

はじめに注意

この記事では、「真夏の夜の淫夢*1の内容は出てこないものの、淫夢に関連する話なので、苦手な方はこれ以上読まないようお願いします。

シリカゲルさんが動画投稿を終了する話

先日、シリカゲルさんが動画投稿の終了と、自身が過去に投稿していた動画の削除(または非公開)を宣言しました。

(①って書いてあるけど②はどこなんだ...)

シリカゲルさんは「シリカゲル兄貴」と呼ばれ、もともとは「LoL淫夢」という、LoL淫夢の、いわゆるMAD動画のようなプレイ動画で有名となりました。代表作は「脅威おばさん」です。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm33541757淫夢のため閲覧注意

確かに、LoLパートナーという公式という立場でこのような動画を投稿しているのは不適切です。動画を削除するのは仕方ないと思います。しかし、もう動画が出ないということも同時に宣言しており、ショックでした。もともと動画投稿で有名になった方ですし、動画編集力は確かなものがあったためです。

一方でLoLパートナーの審査に関しても疑問があります。シリカゲル兄貴がLoLパートナーに選ばれたのは非常に嬉しいことですが、このような動画を投稿していても、パートナーに選出されてしまう点には問題があるように感じます。

LoLパートナーに関しては、解決しなければならない点がいくつかあるように思います(審査の問題、実際にLoLパートナーがLoLの広報に貢献できているのかという問題)。

参考

*1:通称「淫夢