Webエンジニアのライフハック日記

ゲームをしたりe-Sportsの試合を観に行くのが大好きなエンジニアのブログ。仕事の話から、日常をちょっと便利にする話、節約の話などをメインに書いていきます。たまに実際に買った商品レビューなども。

【LoL】「ポジションランクの詳細」の要約

Riot Games から以下の記事が公開されました

nexus.leagueoflegends.com

結構だらだら長いので要約して説明します。

ポジションランクとは

「ポジション」というのは「トップ」「ミッド」「ADC」などのことです。「ポジションランク」とは、ポジションごとにランクを持つことです。例えば「トップはダイヤモンドだけどADCはゴールド」のようにです。正確には、総合ランクの・ようなものと、ポジションごとのランクを両方持つようです。

ランクの試合ではポジションを選択してインキューします。ポジションが選択できるようになって以来、自分がメインとしているポジションをプレイできる確率は高くなりました。ただし、自分の希望するポジションとそれ以外のポジションでは習熟度に差が出るようになりました。自分が希望するポジションに入れなかったり、味方にそのような人が来た場合、試合の勝率が下がることになります。とはいえ、この「どこでもオプション」システムを消すとランクマッチの待ち時間は伸びてしまいます。そこで、ポジションランクを導入するわけです。

ポジションランクのプレビュー

ポジションランク導入のために、今シーズン第1スプリット(Spring Split)はKRサーバーとNAサーバーでテストをし、プレイヤーからフィードバックをもらいます。フィードバックの決kバランスを調整したり、場合によってはポジションランクの導入自体を取り消すこともあるようでs.

FAQ

ポジションランクはかなり「悪用可能」に見えます。メインロール以外のポジションで入った後にスワップするなどの悪用が可能に思えます。

他プレイヤーとポジションを交換しても、試合終了後にLPが増減するのは実際にプレイしたポジションのランクとすることで、勝利時の獲得LPは少ないのに、敗北時の喪失LPは多くなるなど、ポジション交換履歴などを見つつ調整していく予定のようだ。

新システムでは2018年の5倍くらいプレイしないと同じランクに上がれないとかあるでしょうか

ポジションごとにランクができるので、プレイする回数は増えるように思えるが、メインポジションをプレイしていくことで他のポジションのランクが上がりやすくなる仕組みが複数個用意されているので、その一つが「スプラッシュ」というもので、これは、2番目、3番目のポジションはランクを上げやすくなり、プレイ回数を抑えられるようになるというもの。

メインポジション以外を引いた試合がメインポジションのランクに大した影響を及ぼさないのならば、どこでもオプションが発動したらフィードしたり降参したりして試合をさっさと終わらせ、早く次の試合でメインポジションを引けるようにしたほうが良いのでは?

これが最も危惧していることである。「スプラッシュ」で対策予定だが、ポジションランクの導入で降参やフィードが増えることは避けたい。

最後に

ポジションランクについてはこちらの記事も合わせて読んでみてください。

nexus.leagueoflegends.com

「どこでも」でプレイする場合はシステムの悪用などについては上記を読んでください。何かありましたらAsk Riotなどからご意見をお寄せください。

感想

正直ランクはほぼやらないのですが、ランクを上げるのに必要なプレイ回数が増えるとちょとめんどくさいなというのがライトプレイヤーの感想です(いまのランクでも個人的には結構めんどくさい)