猫でもわかるWebプログラミング

試行錯誤しながらエンジニア(プログラマー)として働く猫のブログ。技術的な話や、働き方の話、読書録とか、試行錯誤している日常の話。

GitHubがチームでも無料で利用できるように

f:id:yoshiki_utakata:20200415104831p:plain

GitHubがチームでも無料で利用できるようになりました

原文: github.blog

嬉しいお知らせがあります。無料のGitHubのアカウントでも、プライベートリポジトリで、コラボレーターが無制限になりました。*1

これまで、会社等でGitHubを利用して、プライベートリポジトリを作成したい場合、有料プランに登録する必要がありました。しかし、本来は全ての開発者はGitHubにアクセスできるべきで、お金がその障壁になってはいけないと考えました。

これにより、CI/CD、プロジェクトマネジメント、コードレビュー、パッケージング等、すべての機能がGitHubで完結します。今後も、開発者に愛され、素晴らしいソフトウェアが生まれる場にしていきたいと考えています。

もし、もっと高度な機能が必要な場合や、サポートが必要な場合は、有料プランにアップグレードすることもできます。

また、有料プランも $9 から $4 に値下げを行いました。すでに有料プランに契約しているお客様も値下げされます。

FAQ(英語) や、pricing(後述)も参考にしてください。

Pricing(価格)

原文: github.com

Freeプラン

  • 無制限の public/private リポジトリ
  • 無制限の collaborators
  • 1ヶ月あたり 2,000分の Actions が使えます
    • ただし public リポジトリは無制限
  • 500MB分のGitHub Package用のストレージ
    • public リポジトリは無制限
  • コミュニティサポート

Teampプラン($4/ユーザー・月)

  • Freeプランの内容はすべて含まれています
  • Required reviewers 機能
  • 1ヶ月あたり 3,000分のActionsが使えます
  • 2GB分のGitHub Package用のストレージ
  • Code owners 機能

Enterprise ($21/ユーザー・月)

  • Teamまでの内容はすべて含まれています
  • SAMLシングルサインイオン
  • 1ヶ月あたり 50,000分のActionsが使えます
  • 50GB分のGitHub Package用のストレージ
  • Advanced auditing(高度な監査)機能

*1:これまでは5人の制限があった