猫でもわかるWebプログラミング

試行錯誤しながらエンジニア(プログラマー)として働く猫のブログ。技術的な話や、働き方の話、読書録とか、試行錯誤している日常の話。

【HHKB】Lite から Pro に買い替えて1日

はじめに

筆者は

  • 日本語キーボド

使いです。

HHKBのセール

先日 HHKB(Happy Hacking Keyboard・ハッピーハッキングキーボード)がタイムセールをしていました。

日本語配列のキーボードだと、HHKB Lite2 for Mac (6200円->3800円)や HHKB Pro (25,300円->17,700円)がセールになっていました。

私は HHKB Lite のキー配置が好きで、ずっとHHKB Lite を使っていました。

Pro にしたかったのですが、右のシフトと十字キーの配置が気になっていました。

右の十字キーがでかくなって上部に食い込んで、シフトキーがちっちゃくなってしまってるんです。

しかし、キーボードが1万円台で買えるこの機会を逃すわけにはいかず、HHKB Proを17,700円で購入しました。

  • 日本語配列
  • 有線のみのモデル

使い心地

ドライバをインストールしたらすぐ使えた

公式からHHKB Pro用のドライバーをインストールしたらすぐ使えました。Lite用のドライバーとは違うので注意してください。

スペースキーの横にある「英数」「かな」キーもちゃんと反応します。

裏にスイッチがあって、「Macモード」というのをオンにできるのですが、僕はOFFのまま(つまり、Windowsモードのまま)使っています。

おそらく、音量の上げ下げとか、画面のスリープに対応するようになります。僕は Lite の頃も Windows 用の Lite を使っているので、 Windowsモードのままで不便していません。

キー配置

  • シフトキーが小さくなって矢印キーがでかくなった
    • 設定で「↑」キーをシフトに変更することができるが、矢印キーが使えなくなるのでそれは不便
    • これはすぐ慣れそう
  • ファンクションキーが左端まで移動している
    • あまり気にならなかった(Macの配置と同じなので)
  • スペースキーの左に並んでいるキーが一個増えている
    • 使わないキーが増えた
    • 何故か、Macのcommandキーとoptionキーが Lite の時と逆の配置になっている
      • なかなか慣れなさそう

Lite の頃はシフトキーだった場所のうち、半分が矢印キーになっています。たまに誤爆するんですが、すぐに慣れそうです。

それより、左下付近が気になりました。command と option キーの配置が逆になっているので慣れが必要です。一応本体裏のスイッチで切り替えることができるっぽいので、今後試してみます。

打ち心地はすごく良い

静電容量無接点方式なので、Liteのころよりも軽いキータッチで入力できて、音も静かになりました。腕は疲れなさそうで良いかと思います。

おすすめです。