猫でもわかるWebプログラミング

試行錯誤しながらエンジニア(プログラマー)として働く猫のブログ。技術的な話や、働き方の話、読書録とか、試行錯誤している日常の話。

Swift UI のチュートリアルをする - Part 1: プロジェクトの作成まで

f:id:yoshiki_utakata:20191225120619p:plain

Swift UI とは

日本時間2019年6月4日に「WWDC19」で発表されたSwiftのUIフレームワーク。

developer.apple.com

Swift UI チュートリアル

Swift UI のチュートリアルが公式にあるのでやってみる。

一番下に Get started というボタンがあり、押すとチュートリアルが始まる。

チュートリアルがめっちゃ見やすくて良い

プロジェクトの作成

Xcodeの最初の画面から

  • Create a new Xcode project
  • Single View App
  • Project Name を入れて User Interface で Swift UI を選択

これでとりあえず実行すると Hello, World! が表示される。

ContentView.swift

ContentView.swift がビューの本体。

  • ContentView
  • ContentView_Previews

の2つがある。

ContentView

ビューのプロトコルと、ビューのコンテントとレイアウトが記述してある

ContentView_Previews

先程のビューのPreview(表示)について書かれている

Canvas

Canvasってのがあって見た目が確認できたりするっぽいが、僕のmacOSのバージョンが古かったのでできなかった。

ContentViewのbodyを書き換えるとリアルタイムに変わるっぽい。

次回: Cusotomize the Text View

今日はここまで。次回に続きます。