猫でもわかるWebプログラミングと副業

本業Webエンジニア。副業でもWebエンジニア。Web開発のヒントや、副業、日常生活のことを書きます。

GitHub Sponsors の DocuSign で提出する W-8BEN の書き方

f:id:yoshiki_utakata:20210921142243p:plain

W-8BEN について

GitHub Sponsors の利用手続きを進めていると、 DocuSign 上で W-8BEN という書類を書く必要が出てきます。

W-8BEN は、アメリカ以外に住んでいる人が提出すべき書類です。

GitHub Sponsors での売上は、収入になるので、所得税などを収める必要があります。通常、日本に住んでいる場合は日本に税金を納めることになります。

この W-8BEN を提出しない場合、いわば、日本とアメリカで二重に税金を払う事になってしまうため、必ず提出をする必要があります。

また、 W-8BEN は 3年ごとに提出する必要があるので、注意してください。

記入方法

Part I Identification of Beneficial Owner

GitHub Sponsors で収入を得る人に関する情報です。

  1. Name of individual who is the beneficial owner: フルネームです。英語で書きます。
  2. Country of citizenship: 国籍です。 Japan と書きます。
  3. Permanent residence address: 住所です。日本と逆で、番地→市→県→国 の順番で書いていくので気をつけてください。
    • Country には Japan と書きます
    • City or town, ... には、市、県、郵便番号の順に書きます。 「XXX-City, Tokyo, 111-1111」 のように書きます
    • Permanent residence address の部分には、番地とかを書きます。とりあえず伝わるように書いてさえあれば、どこで分けるか、とかは適当でも大丈夫かと思います。
  4. Mailing address (if different from above) は、上に書いた住所と、手紙の送付先の住所を分けたい場合に書きます。上の住所と同じ場合は空欄で構いません。
  5. U.S. taxpayer identification は、アメリカの納税者番号を書く欄ですが、通常は持ってないと思うので、空欄にします。
  6. Foreign tax identifying number は、日本の納税者番号です。日本のマイナンバーを記載します。
  7. Reference numbers ですが、これも記入不要です
  8. Data of birth は、誕生日を入れます。月-日-年 の形式で書きます。

Part II Claim of Tax Treaty Benefits

記入は不要です。

Part III Certification

Sign Here と書いてある部分に署名をします。

その下、 Print name of signer は、署名をした人の名前を書きます。

Date には、署名をした日を 月-日-年 の形式で書きます。

最後の Capacity in which acting については、署名を、申請者本人が行った場合は記入不要です。