猫でもわかるWebプログラミング

試行錯誤しながらエンジニア(プログラマー)として働く猫のブログ。技術的な話や、働き方の話、読書録とか、試行錯誤している日常の話。

Windows のボイスレコーダーの録音を Audacity でノイズ除去&mp3に変換

f:id:yoshiki_utakata:20210403112636p:plain

概要

Windows のボイスレコーダーでゲーム実況の音声を録画した場合、拡張子は m4a という形式になります。

また、ノイズが乗っていたり、録音した音声がモノラルになっていたり*1、するので、合わせて修正します。

Audacity のインストール

こちらからインストーラーをダウンロードしてインストールします。

執筆時は 3.0.0 が最新版です。

www.audacityteam.org

FFmpeg のインストール

Audacity で m4a を編集するには、FFmpeg というソフトが必要になります。FFmpeg は、動画ファイルや音声ファイルの編集ができる有名なソフトウェアで、Audactiy から FFmpeg を利用することで、 m4a 音声の編集ができるようになります。

Audacity から使われる FFMpeg はバージョン 2.2.2 である必要があるっぽいです。下記サイトから、 「ffmpeg-win-2.2.2.zip」というのを探して、ダウンロードします。

https://lame.buanzo.org/#lamewindl

ダウンロードしたら、解凍して、わかりやすい場所においておきます。

Audacity を開き、メニューの「編集」→「環境設定」を開きます。

「ライブラリ」を選択し、「場所を指定」をクリック。先程ダウンロードした FFmpeg のファイルの中に含まれる「avformat-55.dll」を指定します。

f:id:yoshiki_utakata:20210403115013p:plain

すると m4a ファイルを読み込んでくれるようになります。

音量の調整をしてノイズを消す

音声ファイルを読み込んだら、 Control + A で全選択して、メニューの「エフェクト」→「増幅」を選択して「OK」を押します。これで、選択範囲の音量が大きくなります。

しかし、音量を大きくすると、「サー」といった、ノイズも多くなってしまいます。

そこで、喋っていない範囲を選択したうえで、

f:id:yoshiki_utakata:20210403131650p:plain

メニューの「エフェクト」→「ノイズの低減」で、「ノイズプロファイルの取得」をクリックしてください。

その後、音声全体を選択下状態で、「エフェクト」→「ノイズの低減」で、「OK」をクリックしてください。

これでノイズが除去されます。

ノイズが消えきらない場合は、プロファイルの取得→もう一回ノイズの低減 の手順を繰り返してください。

mp3で保存

今回の音声は、ノイズのプロファイルの取得のために、無音の空間が長いです。

そこで、喋っている部分だけ選択し、メニューの「ファイル」→「書き出し」→「選択した音声の書き出し」を選びます。

f:id:yoshiki_utakata:20210403132102p:plain

僕の場合は

  • ファイルの種類: MP3ファイル
  • ビットレート固定
  • 192 kbps
  • チャンネルモード: モノラルに強制

を選択して保存します。

f:id:yoshiki_utakata:20210403132156p:plain

これで、m4aファイルを mp3 に変換した上で、ノイズを除去し、モノラルにして保存することができます。

Audacity は音声の編集に便利ですし、mp3 に変換することで、 Adobe Premiere などでも読めるようになるので、非常によいです。オススメです。

参考サイト

cyoroq.blog.fc2.com

*1:もしかしたら私の環境だけかも